MANCALA (マンカラ)

マンカラ (mancala) は、アフリカや中近東、東南アジアにかけて古くから遊ばれている伝統的なゲーム。マンカラのいう言葉は、ラビア語のnaqala(動く)から来ているようです。 遊び方は全世界で百種類以上。ルールは簡単!子どもから大人まで楽しめる。 されど、奥が深いゲームなのでハマること間違いなし!!出典:SHOP.RECREATION.JP
価格3,564円
対戦人数2人

6000年前にアフリカで生まれてと言われている、世界中で楽しまれているシンプルなボードゲーム。ルールは簡単だが、運による勝敗がないので頭を使う必要があり、奥が深い。6歳の子供から大人まで楽しめる。2人が基本だが、4人で遊べるタイプもある。親子で対戦して遊ぶのも良いかも。

くわしく見る

PYLOS (ピロス)

2色の玉を交互に積み上げ、ピラミッドの頂点を競い合う <ピロス>。その戦略的要素とデザイン性の高さから世界各国で多くの賞を受賞し、広く愛されるゲーム。出典:WWW.CAST-JAPAN.COM
価格6,480円
対戦人数2人

玉を交互に置いていき、ピラミッドの頂点を置いた方が勝ちというシンプルな目的のボードゲーム。相手を阻止して自分の玉を節約し合う戦略性が勝敗を決める。一回の対戦が5分~10分程度で終わるので、さくさく連戦できるのも特徴。

くわしく見る

QUARTO (クアルト)

世界中で数々のアワードを受賞し、過去30年間に登場したゲームの中で最高の1つとして認められている<クアルト!>。4種類のコマを形、色、穴の有無、高さのいずれかで揃え、直線状に並べれば勝ちというシンプルなゲーム。出典:WWW.CAST-JAPAN.COM
価格6,480円
対戦人数2人

世界で最も多くの国際賞を受賞した、最高のゲームの呼び声も高い進化型四目並べ。色・形状・穴・高さのどれかが同じになる4マスを作った方が勝ちという一見シンプルそうなゲームだが、”置く駒は相手が選ぶ”などのルールにより戦略的思考を要求される奥深さをある。

くわしく見る

QUIXO (クイキシオ)

外周の16個の駒を1つ抜き取り、自分のマークを上にしてスライドするように入れ直し、5つ並べたら勝ちというフランス版「五目並べ」<クイキシオ>。出典:WWW.CAST-JAPAN.COM
価格6,480円
対戦人数2~4人

駒をスライドさせて自分の印をそろえる、フランス生まれの五目並べ。ルールは極めて単純ではあるが、たった一度の駒の配置で状況が大きく変わるので、戦略だけでなく注意力や集中力も求められる知能的ゲーム。ルールを覚える手間がなく初めての人同市でもすぐに遊ぶことができる。

くわしく見る

ABALONE (アバロン)

14個のボールを使って、2人で対戦。相手のボールを外へ押し出す、押し相撲のようなゲームです。オセロとは、また違った楽しみ方ができます。オセロ好きの方にもおススメです。出典:WWW.QUARTETT.JP
価格3,564円
対戦人数2人

たくさんの穴が開いた六角形の盤の上で、玉による相撲をする対戦型ボードゲーム。1度に連続した3つまでの玉を動かすことができ、より少ない連なりの相手の玉を押し出し、場外に6つ落とした方が勝ちというルール。実際にやってみれば2分程度でゲーム性を理解できるが、戦略の自由度が高く奥が深い。

くわしく見る

Quoridor (コリドール)

コマを1マス進めるかフェンスで相手の進路を妨害するかを選択し自分のコマをより早く向かい側のゴールまで進めるゲーム。相手や自分の選択次第で刻々と戦局が変化するので、1つの判断ミスが致命傷になることも。出典:WWW.CAST-JAPAN.COM
価格6,480円
対戦人数2~4人

フェンス(壁)を設置して相手を妨害しながら、目的地まで駒を先に進めた方が勝ちというシンプルなボードゲーム。フェンスが増えると盤上が迷路のようになる。戦局がどんどん変わり、遊ぶ度に異なる進み方になるので、状況を考えながら飽きずに遊べる。

くわしく見る

GEISTER (ガイスター)

ドイツの2人用ボードゲーム。コマの背中についた印をお互いにわからないように配置し互いに取り合うという、単純ながら心理的要素の強い対戦ゲームである。出典:JA.WIKIPEDIA.ORG
価格2,800円
対戦人数2人

30年以上前からある将棋によく似た二人対戦ボードゲーム。論理的思考よりも心理戦の側面が大きい。三つの勝ち方があり、ハッタリを掛け合いながら駒を進めていく。会話をしながら遊ぶとより盛り上がる、奥の深いゲーム。

くわしく見る

SLIPE (スライプ)

『スライプ』は、コマを1個ずつ滑るように動かしていき、親コマをボードの真ん中に導くゲームです。変わった動き方をするコマに最初はとまどいますが、だんだんと道筋が見えてくるのが楽しいゲームです! 箱もコンパクトで手軽に持ち運びできます出典:SGRK.BLOG53.FC2.COM
価格1,800円
対戦人数2人

スライプは5×5マスに黒・白 各5枚づつの駒を使用するシンプルな二人対戦ボードゲーム。駒の動かし方ははさみ将棋に似ているが、勝利条件は中央に親駒を置くというシンプルなもの。小さなお子様も覚えやすいルールになっており、親子で楽しめそう。

くわしく見る

まとめ

日本では将棋やオセロなど、馴染みのあるボードゲームですが、世界各地には様々な種類のボードゲームがあります。
ボードゲームの魅力は、なんといってもシンプルでありながら奥が深く、大人から子供まで幅広く楽しめる点でしょう。

古くから存在するボードゲームは船乗りや商人が、余暇を楽しむために携帯していたものが貿易先などで定着し、世界中に広まったと考えられています。
テクノロジーの発達によって、家庭用ゲーム機やスマホのアプリで遊ぶ子供たちが増えていますが、最近では昔ながらの遊び方であるボードゲームを楽しむことが出来る”ボードゲームカフェ”が登場したりと、デジタルにはない魅力を楽しもうとする動きもでてきています。

親子のコミュニケーションツールとして遊んだり、友人や恋人との対戦を楽しむなど、様々なシチュエーションで重宝するボードゲームで遊んでみてはいかがでしょうか?

SNSでシェアしよう!

0cdf0e6992dd44da89e91758244f2af0_s

気になるアイテムがあったら
「いいね!」しよう

mikkleの最新情報をお届けします

Twitter、Google+でmikkleをフォロー

新着のまとめ

stylish-air-clearner

まるでインテリア!オシャレなデザインの空気清浄アイテムまとめ。

空気中の花粉やウイルス・アレルギー物質、気にしている方も多いのではないでしょうか?室内でマスクをするのはとても窮屈で不快ですし、空気清浄機は見た目がインテリアを崩してしまうから・・・とお悩みの方も多いはず。そこで今回はオシャレなデザインの空気清浄アイテムをまとめてみました。

u_magazine_rack03

それ何!?なんかおしゃれ!!と言われそうなマガジンラックまとめ

雑誌を定期的に購入している人は多いと思います。どんどんストックされていく雑誌をどう整理していますか?雑誌をオシャレにディスプレイできたり、一見マガジンラックに見えない、個性的なマガジンラックはあなたの読書ライフを快適に楽しくしてくれるでしょう。見た人を「あっ」と言わせるユニークなマガジンラックをまとめてみました。

follow us

フォローして最新情報をチェックしよう!

ページ上部へ戻る